2017年03月12日

消すことのできない後悔・・・

 
「早く寝ろよ!」「うん。」

大学に入学して約1ヶ月、新たな生活が始まった自分と就寝前の父とのおざなり的な会話。その会話を最後に、その夜父は脳卒中で意識を失い、病院に運ばれ意識が戻らないまま還らぬ人となった。

父が亡くなった歳近くになった今、育ててくれた感謝の気持ちを直接伝えられなかったことへの後悔が年々大きくなっていく。

その時が最後だとわかっていたなら・・・。

もし父との明日が来ないとわかっていたなら・・・。


110829133.jpg

昨夜、母の買物介護に行った帰り際、母が自分に向かって言った。

「今日はありがとね。」

後悔がひとつ減った気がした。

日常に慣れ、春日井から週一で通っての買物介護や生活環境改善、仕事もできなくなるし、ちょっと大変だなぁ、という気持ちが芽生え出していた矢先、6年前の3/11に出張滞在中の中国で考えたことを改めて思い出させられた。

母が亡くなった後に後悔しないように、自分が亡くなるときに後悔しないように、6年前の生まれ故郷の被災はそれを考えさせてくれて、人生を変えることへの後押しをしてくれた。

母からあと何回「ありがとうね。」と言ってもらえるのだろう。多ければ多いほど後悔は減る。

母との明日が来ない日が来たときに、後悔しない自分でいられるよう行動していかなければ・・・。
posted by すまいるクロス/みなかた at 15:23| Comment(0) | 徒然