2017年07月21日

カメラレッスンをしなくなった理由と心変わり。

 
今までたまにカメラレッスンを開催したりしましたが、実施した後にどうしてもモヤモヤ感が生まれるので、だんだんと開催することもなくなっていきました。

なぜモヤモヤ感が生まれるかというと、カメラ知識もいろいろな人が参加しているのにひとまずは一般的なことを教えることになるので、「これくらいはこの方知っているだろうなぁ。」「これはこの方には難しいかもだけど、理解してもらうのには個別に教えないとだめだろうなぁ。」と、決まった時間である程度いっぱい教えようとすると、相手にあった教え方ができないことに、申し訳ない気持ちが湧いてくるから。

また、本を読めば知ることができる知識をお金をいただいて教えることに、さらに申し訳ない気持ちが湧いてくるから。

そんなモヤモヤ感が生まれない形で教えることできないかな、と考えて、先日数組の方に、プチカメラ個人レッスンをしてみました。
プチカメラ個人レッスン01.jpg

座学っぽいことはやめて説明資料もなし。まずは本人がどの程度の知識を持っているかを把握して、ではこれを教えて、実際にやってもらって、効果を実感してもらって理解を深めてもらう、という進め方。

いやぁ、今までのモヤモヤ感はなんだったの!、もっと早くからこうすれば良かった!と思うくらい、理解してもらえた実感が得られ、自分もとても楽しかった。

今までカメラレッスン受けたことあるけど、なんか頭いっぱいになっちゃって良くわからなかったって方が、今回やっと理解できたって言ってくれて、すごく達成感感じることができました。

ということで、一度にいっぱい教えずに、レベルに合わせたポイント絞ったプチカメラ個人レッスン、撮影の暇な時期に開催期間を設けたりして始めていこうかなという思いに至りました。

レッスンご希望の方は、すまいるクロスのHPのリンクから詳細を確認いただきお申込みください。

すまいるクロスHPはこちらをクリック!

posted by すまいるクロス/みなかた at 01:15| Comment(0) | 活動理念