2017年08月19日

過ぎ去っていく時を写真で残すことで役立ちたい、と改めて思った日。

 
今日は1歳半の娘ちゃんがいるご家族3人と愛犬ちゃん2匹も含めた家族写真撮影。

秋頃の涼しくなった頃に公園で撮影しましょう、ということにしていたのですが、撮影をできるだけ早めたいと突然の連絡をいただいて、急遽撮影に至りました。

早めた理由、それは、愛犬ちゃんが急に体調悪くなって病院で診てもらったところ癌と判明したから。余命数ヶ月、突然のこともあり得るという診断だったので、できるうちに撮影しましょうとなったから。

170729503_wm.jpg

掲載NGの方で写真は載せれませんので、別のご家族の写真ですが、このような、家族としてこんな時もあったんだよ、と後で思い返すことができる写真を残させていただきました。

自分の写真、インスタ映えするようなオシャレな写真を撮ろうという意識がほとんどなく、ストレートに被写体さんと向き合った写真がほとんどです。

それは、写真の中の被写体さんにまずは目がいくシンプルな写真が好きだから

小道具とかオシャレな雰囲気とかよりも、もっともっと大事と思うものを形として残すことで役立ちたいと思っているから

愛犬ちゃんを入れた今回の家族写真も、今撮るべき大事なものはなんだろう、と考えながら撮影させていただきました。

愛犬ちゃんが亡くなり、娘ちゃんが大きくなった時、家族で写真をみながら今日の日を振り返ってもらえる時があるのであれば、これほど嬉しいことはありません

過ぎ去っていく時、これからも、ご家族それぞれのそんな時を写真で形で残すことで役立っていきたいと改めて思った一日でした。
 
posted by すまいるクロス/みなかた at 22:54| Comment(0) | 写真への思い