2017年09月17日

七五三ってうまい写真を残すこと、じゃないよ!

 
3歳の七五三、男児が多いですが、するかどうか悩まれた結果、最終的にしないことを選ぶご家族がいらっしゃいます。

その選択に至る理由のほとんどは「やんちゃ盛りで着物も嫌がるし、うまく写真が撮れるかわからないから」。

その理由を聞くたびに「七五三ってうまく写真を残すことが主目的じゃないんだけどなぁ・・・。」って思ってしまいます。

そんな考えなので、おしゃれなスタジオでの撮影が終わって、七五三終わったー!という気持になることや、神社の絵になる場所で子どもに番傘とか持たせての撮影など、親ウケする写真が残るからニーズは多いでしょうが、自分はとっても違和感を感じてしまいます。

161203058_wm.jpg

今年も、七五三撮影を検討されていた3歳男児のママさんが、同じ理由で、「今年はやらずに5歳でやることにします。」、と連絡くださったので、次のような自分の考えを返事としてお伝えしました。

「今年の七五三は、着物を嫌がるしうまく撮れるか不安ということでやめにするとのこと、3歳男児の場合、同じような理由で七五三をやめる方毎年ちょくちょくいらっしゃいますが、いつも残念に感じます。

七五三本来の目的は、子どもの今までとこれからの成長を祈願することで、写真撮影をすることが目的ではありません。

子供のために祈願することが大事と考えていただければ、無理に着物着せなくてもいいですし、写真もやんちゃな時期のその日に祈願をした思い出が残る形でいいのではないかと、自分は考えています。

子供にとって大事なことは、親が自分の成長を願って、3歳のやんちゃな時期であってもちゃんとこうして神社にお参りしてくれたんだ、と伝えることですし、そうしてくれた両親に対して、自分が親になった時に感謝の気持ちが湧いてくると思います。」と。

161203092_wm.jpg

これに対して、ママさんからいただいた返事は、

「みなかたさんのお話を聞いて、お参りだけでもしようかなという気持ちになりました。

近くの神社が主人も小さい頃からしてきた神社で、今後もずっとそこでしたいと思っていたので、写真撮影依頼は諦め、お参りだけして自分たちで少し写真は残したいと思います。いろいろと考えてご提案くださって、ありがとうございます。」

161203031_wm.jpg

思い出の記録写真を残すことで役立てなくても、ご縁があったご家族が、本来の七五三をされることになったことは良かったなぁ、と思う。

3歳児の七五三、数えと満で悩まれる方も多いですが、自論としては写真は両方を成長記録として残して、お参りはどちらかで1回するのがいいのではないかな、と。数え3歳児のリーズナブル七五三撮影プラン、ニーズがあるかなぁ。
 
posted by すまいるクロス/みなかた at 23:13| Comment(0) | 写真への思い