2016年03月11日

もう一つの新年の始まり

 
あの日から5年。

毎年この時期になると、東日本大震災の番組が増え、岩手の人が震災について語る声が耳に入ってくる。その東北弁は、まるでおふくろが自分に向かって震災の悲惨さを語っているようで、なんか自分の身近なところで起こった災害のような錯覚の現実感を感じることもある。東日本大震災はやはり自分にとっては、普通の人よりは他人事ではないな。

生まれ故郷で多くの人が亡くなったという事実に自分の死を意識させられた。

もし5年前、自分が死ぬとわかったら、きっとその時の生き方では確実に後悔したと思う。今、自分が死ぬとわかったら、5年前よりは後悔は少ない、と自信を持って言えるけど、後悔はない、とまでは言えない。いざ死ぬ時、後悔はほとんどない、と言えるまで、まだまだいろいろやらないと。

3月11日って、自分にとって、もう一つの新年の始まりだな。
posted by すまいるクロス/みなかた at 14:46| Comment(0) | 活動理念
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: