2018年01月24日

第6回ママの文化祭も参加したいなぁ。


1/19に第5回ママの文化祭レジスタードマークが開催されました。ご縁があって第1回から参加させていただいている春日井独自のイベント。

12090102.JPG

毎年自分の写真展示に加え、1、2回目は、スタッフや出店のママさんたちが、自分自身や他の出店ママさんのイキイキとした表情をみて元気になってもらいたいなと、そして3、4回目は、来場者の楽しそうな表情や情景をみて、スタッフや出店のママさんたちが元気になってもらいたいな、と思って、運営側の応援的な気持ちで写真撮影させてもらいました。

そして、5回目の今回、今までのような関わり方では気分が盛り上がらない自分がいました。やはり回を重ねることで、イベントとして落ち着いてきている部分があり、その中でスナップ撮影しても、元気になってもらえる写真が撮れる気がしなくなってきていて・・・。

ママ受けするような撮影ブースを準備して撮影するのは、ママの文化祭レジスタードマークで自分がしたいことでもないし、きっと別の方がされるだろうし、この先続くママの文化祭レジスタードマークと写真撮影で自分が続けて絡ませてもらうには、どうすればいいのか決めることができず、第5回の準備が進む中、実行委員長の水上さんや松元さんにそんな気持ちを伝えて、集合写真は撮るけどそれ以外はどう関わるかはわからないと伝えました。

180119001_wm.jpg

ママ中心のイベントだし、もう自分が関わるのもおかしなことかなぁ、と思いながらも、春日井にこだわったイベントだし、この先ぶれることなく関わり続けられる方法はないのだろうか、と年末に考え続けた結果、かすがいっこさんとネピアさんの強い繋がりに混じらせてもらうのがいいかもという結論になりました。

180119017_wm.jpg

自分のネピアさんとの繋がりは、かすがいっこさんがネピアさんとの繋がる前からで、家族撮影をさせてもらったママさんのお父さんが、「ネピア」を春日井のブランドにしようというプロジェクトに関わっていて、春日井のカメラマンが撮った写真だからという理由をこじつけ(笑)、自分の孫娘の写真をチラシに採用してくださったことから。その後、かすがいっこさんとネピアさんが繋がって、以降のチラシに写真を使ってもらったりしています。

12090101.JPG

ネピアさんと連携する形の撮影であれば、この先ぶれることなく続けられるだろうし、とりあえず今年はネピアさんの横あたりで無料親子撮影ができればいいな、という気持ちが芽生え、かすがいっこさんに相談した結果、版権上アンパンマン号が写るのはマズいけど近くで撮影することはできるかも、というところまで話は進んだものの、そこからは明確な詰めもできないまま当日の朝になってしまいました。

彩りを添えた写真を撮るために、前日の下見で春日井のバルーンショップ「Balloon Design Studio uku」さんが設置されたバルーンをバックで撮影をしようと考えたでですが、当日朝いったら、バルーンでの撮影は難しい状況だったので、ネピアさんにアンパンマン号の顔は写らない形の、Genkiオムツの前で撮影をさせてもらえるよう交渉し、知り合いママさん中心に撮影させてもらいました。

180119241_wm.jpg

最初ちょこちょこと知らないママさんにも声かけて撮らせてもらいましたが、「アンパンマン号の顔の方で撮りたいから結構です。」「えー、オムツの前でですか?」などと言われたり、「なに、このおじさん?」ってな怪訝な目でみられたり、と「そりゃそうだよなぁ・・・」とさすがに徐々にめげてきて、14時頃からは知り合いママさんしか撮れない気持ちに・・・。でも、50組くらいの親子フォト撮らせてもらえて楽しい時間を過ごせました。

180119000.jpg

で、第5回目が終わった今、第6回目のママの文化祭レジスタードマークに参加したい気持ちが高まっています。どうゆう形で参加させてもらいたいか、それは、

・ネピアが春日井ブランドあることをママにアピールし、
・ネピアを応援してくれる親子に対して、
・ネピア製品が写り込んだ背景で無料撮影してあげる!

という、ネピアと春日井の子育てママを応援したい気持ちでの参加妄想が膨らんでいます。春日井のママの文化祭レジスタードマークで、年1回ネピア製品をバックに親子記念撮影してもらう、ということを春日井のママの文化祭レジスタードマークの文化にしたいなぁ。

180119108_wm.jpg

来年は、当日朝にどう撮るか決めるとかでなく、事前に決めて、めげることなく終わりまで多くの方を撮り続けられる形で参加させてもらえるよう進めていかないとだな。
posted by すまいるクロス/みなかた at 21:59| Comment(0) | 写真への思い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: