2017年03月07日

あつらえ写真が撮りたい

小林せかいさんの「未来食堂ができるまで」を読んだ。せかいさんの考えがめちゃ響いた。

Untitled_wm.jpg

未来食堂のコアメッセージのひとつが「あなたの“ふつう”をあつらえる」。

あるお客様にとって”特別な”一品として提供したものは、同時に誰かの”ふつう”でもある。

「今日はちょっと甘い卵焼きを食べたいなぁ」、と思っているお客さんに提供する卵焼き。それは、それを望んでいるお客さんにとっては”特別な”卵焼き。でも、あえて望んでいない人にとっては単なる”ふつう”の卵焼き。

「撮影させて頂いた方の”ふつう”をあつらえた写真」

が自分が撮りたい写真なんだなと強く思った。

たとえば、自分は子供が泣いたりしても、それが怪我とか痛くて泣いているとかでなければ、なんらスタンスを変えることなく撮り続ける。残るのは、オシャレとかかわいいとかとは全然別物の、子供が泣いているというごくごく平凡な”ふつう”の写真。でもそれは、ある人にとっては、わが子が泣いている”特別な”写真。

誰が食べてもおいしいと思う高額な”ふつう”の食事、ではなく、ある人が食べたいと願っている高級ではない”特別な”食事、未来食堂はそれをあつらえとして提供する食堂。

自分に置き換えると、誰がみてもパッと見、オシャレ、カワイイ、カッコイイなどの印象が強い、いろいろ手間をかけた”ふつう”の写真ではなく、パッと見はごくごく平凡で”ふつう”だけど、ある人にとっては”特別な”写真、そんな撮影を希望してくださった方へのあつらえ的な写真をお渡ししたい。

今日は「よちよち歩きができるようになった今の時期の写真を残したい。」というママさんの要望を頂いての撮影。なんら準備することもなく、待ち合わせ場所で落ち合って、状況に合わせてパシャパシャと撮った、子供が歩いている平凡で”ふつう”の写真。

でもこの写真は、自分が、ママと子供に対して”ふつう”をあつらえて撮った”特別な”写真、であることを感じてもらえると嬉しいな。
posted by すまいるクロス/みなかた at 18:22| Comment(0) | 活動理念

2016年03月14日

土日料金設定・・・

世の中のサービス、平日より土日のほうが料金が高い、というのは普通にあることで、「そりゃぁ、需要が多い時に料金あげれば儲かるから、そんなもんだわな。」とサービス需要側である会社員時代は思っていた。

サービス提供側の身になった今、なんで土日料金設定ってあるんだろう、って、たまーに考えたりしてたけど、

・より儲けるため
・平日とは違う負荷の経費を上乗せするため


くらいしか理由が思い浮かばない。

より儲けたい気持ちは、当然ながらあるけど、渡すものが一緒なのに受け取る費用を変える、ってことは、自分は気持ち悪くてできない

休みが土日の人が多いから、その増加に対応すべくスタッフ増やしたりするところはその分上乗せとか必要だろうけど、自分はそのようなことはないので、やっぱり、土日は料金値上げ、ってことはできそうにないなぁ。

できるとしたら、平日に撮影しかすることない時間ができるので、平日料金割引という形で料金に差をつけることはあるかもしれないけど、撮影以外のことなんかやるだろうし、根本的に気持ち悪いので、よっぽどでないとしないかな。

そっか、もう一つの土日料金設定の理由としては、

・平日料金を割引するため

ってのもあるか。自分にあり得るとしたらこっちだね。

でも、設定してみたこと想像すると、やっぱ気持悪い!!! よっぽどの時でないとできないだろうな。

自分、商売人には向いとらなぁ、とつくづく思う・・・。

160310535_wm.jpg
posted by すまいるクロス/みなかた at 09:45| Comment(0) | 活動理念

2016年03月11日

もう一つの新年の始まり

あの日から5年。

毎年この時期になると、東日本大震災の番組が増え、岩手の人が震災について語る声が耳に入ってくる。その東北弁は、まるでおふくろが自分に向かって震災の悲惨さを語っているようで、なんか自分の身近なところで起こった災害のような錯覚の現実感を感じることもある。東日本大震災はやはり自分にとっては、普通の人よりは他人事ではないな。

生まれ故郷で多くの人が亡くなったという事実に自分の死を意識させられた。

もし5年前、自分が死ぬとわかったら、きっとその時の生き方では確実に後悔したと思う。今、自分が死ぬとわかったら、5年前よりは後悔は少ない、と自信を持って言えるけど、後悔はない、とまでは言えない。いざ死ぬ時、後悔はほとんどない、と言えるまで、まだまだいろいろやらないと。

3月11日って、自分にとって、もう一つの新年の始まりだな。
posted by すまいるクロス/みなかた at 14:46| Comment(0) | 活動理念